撮影...趣味ですかそれとも職業ですか?

日付: 23 Feb 2014

私々の世界においては、一つの趣味を保有し又は専門家と言われることは、ある人の能力や勤務態度に対する異なる観点や認知が発生します。

社会という視点から見れば、特に芸術・文化という世界において、人々は往往にして専門家が全てであると認識しています。もし人に貴方がアマチュアであることを教えてあげた場合は、彼らは貴方の芸術冒険事業はまだ「軽やか」という段階にあることを認識するようになっており、且つ貴方が自分の仕事を重要視していない事として認識しています。しかしながら、私々は各人が趣味から自分の創意の旅をスタートしたこと自身を忘れがちで、その創造力へのアプローチを憧れている人にとって、これは非常に重要な段階です。

趣味は、楽しいバケーションで、如何なるユニークな創造性をある新しい方式をもって世界をアプローチすることができます。この過程において、カメラマンは徐々に彼のカメラと感情を築き、撮影技術をマスターし、影響力の有する写真を撮影することができます。これらの写真は彼の想像力豊かなセンスを反映することができます。アマチュアは知識、専門技術、もっと良い効果、認められる業務名誉を追い求めています。

専門家とアマチュアの間の主な区別は、一つはその仕事への認めと奨励を博しているのに対し、もう一つは賞賛を得ていないことです。

プロなカメラマンとアマチュアとの間の区別を特定することは、既に多数の二者のために基準を設定する作者の議論のテーマになっています。しかしながら、私は専門家を賞賛し、サポートしているが、彼らのキャリア開始当初に撮影した目まぐるしい写真を見逃すことに賛同しないし、且つ彼らはその後の撮影を追う道で新たな突破(超越)を遂げないことになります。

また、カメラの品質やタイプを言うと、プロなカメラマンに対する多数の誤解があります。人々は通常優秀なカメラマンがきっと高価で先進なカメラを使っていると考えがちです。事実としてはカメラマンを評価する唯一な基準はその写真品質です。

アマチュアカメラマンは、彼が最も好きな角度から、その自身の美意識を反映する写真を取ることができ、彼らは最も美しいと思う写真を伝えようとしています。彼の写真は相当高い芸術レベルまで到達でき、一部の賞も受賞できるが、これは彼の職業になっていません。

プロなカメラマンは、その優れた技術能力をもって有名になり、これらの能力をもって、彼は優秀な撮影の秘訣をマスターすることができます。

あるカメラマンがアマチュアの段階にある場合は、彼は気の向くままにカメラで物事を撮影し、記録し、発現します。これを追い求める過程において、アマチュアは多数のミスを犯しているが、その経験を充実することができます–珍しい写真を撮影することにより不意なことを収穫できます。しかしながら、プロなカメラマンは、芸術という特殊な身分をもっており、彼のカメラや彼のツールをもって創造的人材になることができます。これは二者の区別です。

専門家はミスを犯すことが余りありません。彼らはテーマ、採光、設備を評価し、撮影の予期効果を果たすことができます。

フラッシュ
貴方の状態を詳細にわたって、説明するテーマやツールを評価することができます。 

Share on Facebook