撮影

日付: 16 Feb 2014

 貴方はインタネット又はソーシャルメディアサイトで検索する際に、どのぐらいの回数で自分が他人で書いた写真日記を読んでいるかを分かることがありますか?貴方は一枚の微笑んでいる画面に深く惹かれています。彼らはうららかな天気を楽しんでおり、彼らは朝食を食べており、彼らはオフィスパーティーに参加した服装を着ています。これは非常に注目すべきことで、貴方は、自分で下記のような写真を堪能していることを発見できていますか。赤の他人がビーチで散策している写真、十年前に初めて一緒にバケーションを楽しむ友達、今は再びこの特別の意義を有する場所を訪問し、彼らの現在の最新の写真を貼り付けます。彼らは各自の珍談、彼らからの社会への議論を分かち合い、貴方の身近な世界にあるような感覚を与えます。

ある人は、非常に真剣に彼らが自分を描く方式を世界にアピールし、これは彼らが彼らの気持ちを影響するのではないかと考えているからです。ある米国人は、ずっと毎朝の自分を撮影し、これをもって自分の一日の状態を特定することができるからです。もし彼の写真が彼の不機嫌を展示した場合は、彼は全ての方法を試して自分の気持ちを変えようとし、それからもう一枚の写真をとります。彼の写真は良好的で又は受け入れられるレベルの気持ちを伝えるまで、彼は自分のこの一日をスタートすることができます。

如何なる芸術家にとって、物事を観察し、感覚する方式は、彼らが仕事し、インスピレーションを追い求める能力を決めています。創作まで言及すると、あるアラビア作家は自分なりの習慣があります。それは彼が自分の家で創作できないのです。家の画面が繰り返して現れているからです。しかしながら、もし彼が家の様子が全てうまくいくことを確認できなければ、彼は自分の家を後にすることができません。この場所が外的に完璧であることを確認できれば、彼は気軽に家を離れることができます。その後に、彼は全く行ったことのない新しい場所に到着し、一回も行ったことのないところへ姿を見せ、それから彼が好きな光線や視野のある場所を選びます。

彼はここに留めることができません。ひょっとして彼はコーヒーカップ又はお茶のカップの色を変えてから、特別な順番で机に置きながら、彼の周辺の異なる景色を眺めて、まるで彼自身が高い感度の持つカメラのようで、この場所に関連する新しい発想を体感できます。それから、アイデアの浮上を待ちます。

写真は、私々自身又は私々の周辺の世界の一角の視覚的再現で、それを活気に溢れ、周辺の生きた命と相互交流を果たす命として見なすことができます。感情、思想、表情に溢れる命です–私々の一人一人は、その相互交流により影響を受けるものとなります。

ひょっとして、貴方は貴方の魂の深層まで見つめて、貴方の毎日や創作性に働く撮影方法を探した方が良いのかもしれません。

フラッシュ
貴方が毎日を迎えられる写真にフォーカスしましょう。

Share on Facebook