ご参加下さった撮影コースに失望なさっていますか。

日付: 09 Feb 2014

中東の撮影教学と訓練はとても少なく、こんな現象を招く原因はたくさんありますが、主なのはやっぱりこんなタイプの教育訓練にオフィシャル参考が欠乏しているからです。故に、アラビアでは撮影教育訓練指導者が比較的に限られていのも理解できます。しかし、これは決して本当に知識と技能が限られていても、自分が公開授業を行って、その中から利益を取る資格を持つと思う人を引受け、彼らに譲歩する理由ではありません。

撮影マンに対しては、自分が当地社区で二回ほど撮影101コースに参加しただけで取得した資質により、自分が専業指導者であると宣伝し、且つ人々に費用の高い教育訓練コースを提供するのは、とても不合理的なことであると思います。このような「指導者」は常に正確な教学方法、題材及び参加者の取得した成績を気に入れないんです。

当然、全ての教育訓練は主観的であり: これはその自身の特徴と基本原理を持つ独立領域です。こう言っても、私たちは指導者になりたい人は、先ず積極的に他人を教育する特質を持つ必要があると信じます。教育訓練とは、適当なふん囲気の中で強烈に正確な情報を取得しようとする参与者たちと行う特殊なアクテイブであるため、相手に適当に提供するのが重要です。

どんな主題でも、当然全て教育訓練に関係し、そして、撮影訓練はとても特別な領域であるため、指導者は必ず一定の特質を持つのが必要です。指導者はまたその主題についての全面的知識、交流技巧及び激励能力を身に付けるのが必要です。このほかに、彼らはまた撮影業界の全ての最新知識、技術能力と専業レベルを高める技巧を了解しなければなりません。更に、彼らは革新に勇み、且つ学生の理解程度を把握すべきです。

撮影指導者は心が広くて、且つ学生の天賦を発見、比較及び分類する能力が必要です。また、彼らは学生の芸術品位を高めるために、撮影審美感も必要です。

私たちは既にたくさんの文句を受け、全て激情も創造力もない撮影教育訓練に参加した人々から発送してきたのです。ほかの人々はコースの内容が理解できず又は「勉強した」ものを実際に応用することができないという意味を表しました。人々に参加した撮影訓練に対して質問したら、彼らは余り多すぎの批評があり、ために私たちは「撮影指導者」との話題ハッシュタグを設け、この問題について公開的に討論するようにします。

私たちとご経験を共有していただきませんか。

フラッシュ
撮影教学に必要な知識、技能と創造的思弁能力。

Share on Facebook