天才教育会議は、注意力を子供からの写真芸術への理解に切り替えています

日付: 12 Mar 2013

第十二回アジア・太平洋地域天才教育会議は、最近ではその業務の重点を学生の写真芸術の育成に切り替えています。このセッションの会議テーマーは、「人材育成し、ポテンシャルを増強する」ことにしています。会議では、異なる芸術分野で優れた才能を有するエミレーツ専門家や、児童、青少年学生を招聘し、彼らの知識やスキルを分かち合っています。

ドバイ応用技術研究所のある特别会議の期間中において、講演者がハムダン国際写真賞(HIPA)事務総長 Ali Bin Thalith 殿下です。世界有名なカメラマンやドキュメンタリ製作者として、Bin Thalith は、アラブ首長国連邦や海外の若者や頭角を現したカメラマン達のお手本と讃えられています。彼が管理を担当しているハムダン国際写真賞は、今年の同類コンテストにおいて世界賞金額が最高な写真賞となっています。

彼は、 80名以上の世界各地の学生達が出席した天才児童会議で講演を行いました。会議参加者にはレバノン教育部長 Hassan Diab 様がおり、彼本身も今回の会議の名誉ゲストです。

Bin Thalith は、先ず撮影及びその信頼のできる芸術形式としての過去の 100 年間の発展の歩みを紹介し、その後に会議に参加した学生達に各種の撮影テクニックを教え、彼らに簡単で良好の効果のある写真の撮影方法を教えました。学生達は、「ガザダイバー」と題する彼が撮影したショートドキュメンタリーを鑑賞し、このドキュメンタリーは、ある若者がその故郷であるガザで、ロケット攻撃に出会い、両足を失った物語を語っています。

その後に、ドバイリーダーである Sheikh Hamdan bin Mohammed bin Rashid Al Maktoum 殿下がスポンサーとなり、この少年を助け、少年がエミレーツで治療を受けました。彼のスキューバダイビングへの情熱は、これで減退するものではなく、何時も皇太子とドバイの水域で引き続きこのスポーツをアプローチしています。

Bin Thalithは、 最後に彼の講演を受講した子供達に、 HIPAがプレゼントする新しいカメラや「ガザダイバー」の DVDを送りました。彼は、学生達が、彼らの新しいカメラを活用して、彼で分かち合った全ての撮影テクニックを試すよう期待しています。

Share on Facebook