ハムダン国際写真賞は、引き続きフランスやエジプトで開催される国際イベントに参加します

日付: 14 Nov 2012

ハムダン国際写真賞は、フランスの首都であるパリで開催される有名な「撮影サロン展(Le salon de la photo)」に参加し、引き続きその国際イベントにおける知名度を高めます。この展示会は、11月 8 日から12日に行われるもので、撮影・映像業界の最も有名な一部のブランドが集まっています。

大賞から派遣した代表団は、既にエジプトに向かっており、エジプトの首都であるカイロや港町であるアレクサンドリア市で、状況説明会議が開催されます。大賞で開催するこれらの会議は、エジプトの最も才能を有する、最も有名なカメラマンや当該国の各撮影学会の責任者による参加を招聘します。

大賞の最新な進展について、HIPA アシスタント事務総長 Sahar Al Zareiは下記の通り付け加えました。「エジプトの状況説明会では、エジプトで最も名高いカメラマンに賞を授けるため、この重要な国で人々に大賞を知られる最高なチャンスです。エジプトは、アラブ国家において人口が最も多く、現地では最も有名なカメラマンがいるため、私々は、彼らがこの大賞に参加するよう期待しています。」

Al Zareiは引き続き語りました。「私々は、エジプトの最大級の新聞メデイアを招聘して私々の会議を報道してもらうつもりです。これは、より多くのエジプト民衆に私々を知られ、しいてはより多くの優秀作品を誘致し、今年度の大賞に参加したいものです。私々は、多数の有能なのあるエジプトカメラマンが今年の撮影コンテストに参加することを予想するため、私々は、エジプト現地で彼らと私々の素晴らしい構想を分かち合おうとしています。」

ハムダン国際写真賞は、世界最高金額の特等賞を設置し、賞金は120、000 米ドルで、賞金総額は 389、000 米ドルに及びます。第一セッションでは、この大賞には、世界 99 カ国の応募選手が集まりました。

Share on Facebook