HAMDAN BIN MOHAMMEDはHIPAの輝かしい成果を祝います ——第二セッションには、 121カ国の選手が集まっています

日付: 16 Jan 2013

最新のセッションの「光の美」コンテストにおいて、ハムダン国際写真賞(HIPA)には、121カ国の選手が集まっており、この大賞の新たなマイルストンを創立しました。応募作品の提出時間は、2012年9月1日から始まり、締切日は去年の12 月 31 日です。大賞は、写真界における世界最高な特等賞を設け、賞金は12万米ドルで、賞金総額も38.9万米ドルに及んでいます。

HIPAの今回のマイルストン的な意義を有する成果について、ドバイ皇太子、即ちこの大賞のスポンサーである Sheikh Hamdan Bin Mohammed Bin Rashid Al Maktoum 殿下は、嬉しく下記を語っています。「HIPA第二セッションで収めた成果は、直接的に現在の社会における撮影の重要性を語っています。撮影は、小さな額縁から、人間歴史における最も重要な事件を捉え、既に現在の社会で思想を表す重要なツールになっています。」

殿下はまた下記の言葉を続きました。「大賞は、表現力に富む芸術形式として、写真界に重大な影響力を有する有名人や巨匠でワークショップを開催し、この地球で最大級の撮影大会等のイベントに参加する自体は、撮影事業の発展を促すものとなります。若い世代でこの芸術形式を分かち合う戦略自体も同様に重要なことです。私々は、彼らをこの世界の未来のイノベーション者と見なすため、彼らは、最高基準の育成や奨励をもらうことに値するものです。」

「HIPAはエミレーツ副大統領、総理やドバイ首長 Sheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum 殿下の素晴らしい構想の直接的な反映で、彼は、プロな芸術家になるようずっと現地人材の育成に取り組んでいます。国として、私々は、この大賞がこれらの生まれつきの才能のあるカメラマン個人への奨励から得たものは、彼らはこの芸術形式を一つのキャリアとして得るものと同等なものです。私々は、現地写真界の自信の確立に取り組み、彼らに世界規模最大で、最も才能のあるカメラマンと同じステージで競争させます。ある日、彼らが彼らの参加したコンテストをもって、彼らの国やこの大賞を誇りに思うことを期待しています。」

この大賞で取得した世界的影響力について、殿下は更に下記を語りました。「 HIPAにとって言えば、その第二セッションには、 121カ国の選手が応募したことは、この大賞の広域での撮影人材カバー面において既に成功したといえます。私々の教育プランや戦略を拡大することにより、私々は、もっと多くの国のカメラマンが次回のセッション大賞に参加するよう期待しています。」

HIPA事務総長Ali bin Thailth は下記のことを付け加えました。「このセッションでは、私々は、世界各地からの大量な応募作品を受け付けました。これらの応募作品への逐一な審査は、非常にきめ細かい過程です。審査グループは、国際写真界で最も有名な9名の審査員から構成され、私々は、彼らに委託し、各カテゴリーのベストな撮影作品を選出します。」

Bin Thailthは、引き続き語りました。「審査過程は長いものできめ細かいものです。よって、私は審査員達の勤勉な作業について感謝しなければなりません。また、エミレーツ文化、若者とコミュニテイ発展部長、HIPA 取締役会取締役長Abdulrahman Al Owais 様がご多忙の中で、一部の審査会議に出席し、審査員達と交流したことについて感謝しなければなりません。」

Share on Facebook