ドバイ撮影ワークショップ終了

日付: 17 Jan 2013

近頃、Hamdan bin Mohammed bin Rashid Al Maktoum 国際撮影賞(HIPA)は、一部のドバイ審査員から提起されたワークショップを総括しました。ワークショップは、1月11日、12日、14日に開催され、世界有名なカメラマン Martin Grahame-Dunn、Joseph Smith と Tom Angは議長を務めました。 HIPA 審査団も「光の美」第二セッションの奨励・審査過程を終えました。

世界有名なカメラマン、 HIPA審査員Martin Grahame-Dunn によると、「これらのワークショップは、現地のコミュニテイ写真芸術を教育する HIPA 戦略的構成部分にとって極めて重要なものです。出席者数は遥かに私々の予想を超えており、且つ現地の人々に作品をアピールするチャンスを与えています。このような高水準なワークショップは、このセッションの高水準の提出作品に適しており、巨大な成功を収めました。」

また、ワークショップの結論について、世界有名なカメラマン、ベストセラー作家Tom Angは下記の通り付け加えました。「大賞のワークショップや審査過程全般は、面白い経験です。シニアカメラマンやその芸術形式を鑑賞し、勉強する幾つかの方法は極めて壮観なものです。Ang のワークショップには計り知れない数の参加者がおり、且つ長い署名チームが並んでいます。Angは更に「私は、近いうちにドバイに戻り、現地の写真界と私のプロな知識を分かち合うことを期待しています。」と付け加えました。

HIPA第二セッションの提出は、去年の12月31日深夜に締め切りし、更に2012年9月1日に公開しました。今回の大賞は、写真界の世界最高特等賞を設置し、金額は 120,000米ドルで、賞金総額は 389,000米ドルです。

Share on Facebook