Susan Baraz

鋭い洞察力をもって、Susan Barazのキャリアは頂点を達しています。2003年にデビューして...

> Read more

鋭い洞察力をもって、Susan Barazのキャリアは頂点を達しています。2003年にデビューして以来、Susan BarazはLucie賞の共同主席を務めており、マスターの存在であるカメラマンや、撮影の新人を探しており、世界の撮影鑑賞レベルの向上に努めています。Susanもまた国際撮影大会(世界的撮影大会)の審査長で、AtEdge(排他的で、チケットをもって入場する撮影営業イベント)の撮影部主任を担当し、国内や国際の事務を担当しています。

他の会社のホームページPhototherapists.comで、Susanはそのプロな知識を活かして、芸術やビジネス撮影顧問を担当しています。彼女はポートフォリオ審査の審査員を担当し、ギャラリー展を企画し、世界のプロなカメラマンとアマチュアカメラマンのために写真集を講習し、編集しています。彼女はまた「エイズにフォーカスする」(FOA)活動の創設者/主席を務めています。「エイズにフォーカスする」活動は1987年に発足し、米国最大級の芸術撮影競売/慈善バザーを展開しています。

 

Riccardo Busi

2012年以来、Riccardo Busiはずっと国際撮影芸術連合会(FIAP)の総裁を勤めています。...

> Read more

2012年以来、Riccardo Busiはずっと国際撮影芸術連合会(FIAP)の総裁を勤めています。彼は旅行・アウトドア撮影者であると同時に、政治科学博士で、外交や国際組織関連の修士学位を取得できています。

1982年以来、彼は200回以上の国内・国際大会で審査員を担当している同時に、22カ国の国際審査委員会のメンバーでもあります。

現在では、Riccardoは撮影課程、ワークショップのコーディネーターと講師を担当しており、且つイタリアローマの「パンダ撮影」機構の提携パートナです。彼は積極的に展覧会やコンテストに参加し、1980年以来、計330回以上の個人展や団体展、撮影イベントに参加したことがあります。

彼は計1000回以上の国際大会に参加し、200以上の賞を受賞しました。Riccardoは5回もFIAP自然風光撮影ワールドチャンピオン賞を受賞したほか、彼はワンタイムフォトFIAPワールドチャンピオン(2011年ベルギー)を受賞し、且つフォト画像ワールドカップにおいて三回もFIAP金メダル(1999年、フィンランド、2002年ベルギー、2009年インドネシア)を手にしました。2007年に、彼の作品であるClubsは第二回FIAPワールドカップ大会で優勝し、且つ2011年にその作品である「Children of the World」は、シンガポールで開催されたFIAPカップ60周年記念大会で優勝しました。

 

Jon Jones

Jon Jonesはパリシグマ写真庁のニュース撮影ジャーナリストを担当しています。...

> Read more

Jon Jonesはパリシグマ写真庁のニュース撮影ジャーナリストを担当しています。彼は世界各地の衝突を撮影し、特に東ヨーロッパ、アフリカ、中東での衝突の撮影に特化しています。「タイムズ」、「ニューズウィーク」、「ニューヨークタイムズ誌」、「サンデータイムズ誌」、「パリス·マッチ」、「スター」等の雑誌は大量に彼の作品を掲載しています。

Jonは、数回の図書とメデイアプロジェクトに参加したことがあり、彼の作品は幅広く展示されています。彼はまた「サンデータイムズ誌」のSaatchiギャラリーにおける50周年記念展を主催する企画者であると同時に、ボスニア戦争を回顧する重点図書の編集を担当しており、この著作は2013年に出版されました。

Jonは常時撮影活動の審査員や講師を担当し、世界新聞社Joop Swartマスター講習、Visa D’Or講習の講師を務めています。彼は世界新聞撮影賞を含め、複数の国際撮影大賞を受賞しています。

現在では、彼は「サンデータイムズ誌」の撮影部主任を担当しています。

 

Henk van Kooten

Henk van Kootenはオランダのプロなカメラマンで、その独自なスタイルを...

> Read more

Henk van Kootenはオランダのプロなカメラマンで、その独自なスタイルを持って撮影評論家の一致した認めを博しています。Henkは英国プロなカメラマン協会(BIPP)から卒業し、そのキャリアにおいて、国際結婚披露宴カメラマン年度賞(二回)、Lichfield賞 (創意のあるカメラマンを対象)、英国プロなカメラマン協会(BIPP)の「海外結婚披露宴賞」、「ファッションと魅力賞」、「ビジネス賞」、「2014年度オールマイティーカメラマン賞」等を含む数えきれないほどの賞を受賞しています。

彼は精神病学科で勤務した歴があり、撮影対象者のフィーリングを会得することに長けており、これのフィーリングをうまく対処しきっています。これを受けて、その独自な撮影スタイルを確立できています。彼は撮影マスター協会に入会し、かつ奨学金を取得できていました。且つ、欧州連合ファッション、肖像と結婚披露宴撮影という三項目の資格を取得できています。

Henkは、「蒸発」をテーマにした写真を撮影し、計20枚があり、欧洲マスターレベルのカメラマンという称号を授けられ、史上初のホランダー人カメラマンで、欧洲でこの称号を取得する六人目のカメラマンです。そのキャリアにおいて、彼は欧米諸国で複数の講習やマスターレベルのコースで講師を担当し、講演を発表しています。ここ数年間、彼は撮影マスター協会の主席を担当し、オランダや外国の複数の慈善活動に参加しています。

 

Hossain Mahdavi

Hossain Mahdaviは2013年に欧洲カメラマン連合会(FEP)に加盟し...

> Read more

Hossain Mahdaviは2013年に欧洲カメラマン連合会(FEP)に加盟し、2005年に撮影マスター協会(MPA)と英国プロなカメラマン協会(PIPP)の奨学金を取得できていました。1996年以来、彼は撮影マスター協会や英国プロなカメラマン協会に大いに活躍し、良く講演を発表し、顧問や審査員を担当しています。彼は撮影マスター協会の取締役と主席を担当したことがあります。

1994年に、彼はプロなカメラマンになり、多数の有名な賞を受賞しました。最近で受賞した賞には全国家庭カメラマン年度賞、全国肖像カメラマン年度賞、ロンドン肖像カテゴリーカメラマン年度賞があります。彼はビジネス、新聞、PR、ファッション、絵画撮影等の分野において地域的な名誉を取得しました。

過去の数年間において、彼の作品はビジネスメデイア、プロなメデイアルートで幅広く掲載されています。その国際的な作品には、世界諸国の皇室、有名人、セレブの写真が含まれており、フランス、モナコ、スイス、ドイツ、ナイジェリア、スワジランドという国までカバーしています。

現在では、彼は英国で撮影スタジオを経営しており、「私の新聞雑誌グループ」のために主要たる新聞事件を寄稿しています。

 

Caroline Metcalfe

CondéNast Traveler は1997年に創刊して以来、Caroline Metcalfeはここで勤めています。...

> Read more

CondéNast Traveler は1997年に創刊して以来、Caroline Metcalfeはここで勤めています。その前に、彼女は「オブザーバー」、「独立報」(Independent Saturday)、「フィナンシャル·タイムズ」)等の新聞社に勤めた歴があります。入社して以来、彼女の撮影の腕は、国際各界の一致した好評を博しています。

彼女は世界の一部の最有名なカメラマンと提携したことがあります。また、彼女はキャリアの大部分な時間を利用して新人を励ましています。

彼女は世界新聞撮影展マスタークラスのメンバーであるとともに、若手カメラマン連盟のメンバーでもあります。若手カメラマンの作業を評価し、マスタークラスプログラムのために人材を推薦しています。

編集キャリアのほか、彼女はLeo Burnett、(Ogilvy、JWT等の多数の知名度の高い広告会社のイベントに参加し、Pentagramグループ、Vince Frostデザイン等の会社のデザインプロジェクトに参加したことがあります。

Carolineは、HIPA、年度旅行カメラマン、ソニー世界撮影賞、2012年ロンドンオリンピック都市ロンドン市長撮影賞、AOP、Amnon Bar Tur賞、アゼルバイジャンスルーザレンズ、プライベートジェット賞、CBRE、John Kobal肖像賞等を含め、世界多数の最も権威のある撮影コンテストの審査員を担当しています。

 

Cheryl Newman

Cheryl Newmanは、優秀な雑誌である《電報》の撮影部の主任です。2001...

> Read more

Cheryl Newmanは、優秀な雑誌である《電報》の撮影部の主任です。2001年以来、彼女は世界の有名なカメラマンを招聘し、大学、祭り、ポートフォリオ審査等のルートで積極的に撮影の有能者を探し、自分のイメージアップに繋がりました。

Cherylのチームは知恵に富み、奇抜さを追い求め、その作品はファッション、芸術、肖像撮影等の分野までカバーしています。また、彼女は紛争地域で作業している新聞カメラマンを探して、真実で力強く新聞事件をアピールしています。

図書や展示項目において、Cherylはカメラマンと密接に連係しています。彼女は英国の数カ所の大学の訪問者であると同時に、オスロBilder Nordic撮影学校の教員でもあります。

Cherylはロイヤル撮影協会大会委員会の会員で、イアン·パリー(Ian Parry)撮影賞、国家肖像ギャラリーのTaylor Wessing肖像撮影賞やGetty撮影賞審査委員会の会員を務めています。

 

Waleed Qadoura

Waleedはスペインカメラマン協会とアラブ首長国連邦美術協会の会員です。...

> Read more

Waleedはスペインカメラマン協会とアラブ首長国連邦美術協会の会員です。Waleedは豊富な撮影作品を擁し、数回の展示会を開催し、数十項目の国内・国際大賞を受賞し、数回世界撮影大会の審査員を担当した歴があります。

1980年に、Waleedはドバイのアル·バヤン新聞印刷と出版会社(Al-Bayan Press Printing and Publishing)に入社し、この新聞社の撮影部主任を担当し、大量なアラブ首長国連邦の発展を反映する撮影作品を収集しました。大学、中学校、撮影と関連する協会において、Waleedは数回講演を実施し、展示会に参加し、豊かな知識や経験を活かして、自国の撮影芸術の充実を図っています。

 

Sanat Shodhan

Sanat Shodhanはインドの優秀な自然と野生動物カメラマンです。彼はニューデリーインド...

> Read more

Sanat Shodhanはインドの優秀な自然と野生動物カメラマンです。彼はニューデリーインド国際撮影協会(IIPC)の提携パートナーで、インドグジャラート州政府は彼に、「Gaurav Puraskar」賞という州レベルの名誉を授与したことがあります。

幼い頃から、Sanatは、自然界やその全ての関連物事に対する情熱を込めており、彼は世界各地の複数の聖地や国家公園を訪問したことがあり、各種のオリジナルな自然風景をカメラに収めています。

その長くて輝かしいキャリアにおいて、Sanatは累計して60項目以上の現地と国際撮影賞を受賞し、盛りだくさんの名誉を手にしており、彼の撮影作品は一部の有名な出版物や雑誌に掲載されています。

彼は、「私の野生の旅」という書物を出版し、人気を博しています。書物の中には400枚以上のカラー写真が網羅されており、世界各地の美しい哺乳類動物、珍しい鳥、多彩な花、眼を見張るほどの風景までカバーしています。過去の6年間において、Sanatは数回インドや外国の撮影大会の審査員を担当しています。

Share on Facebook