Barrie Wilkins

南アフリカ

BARRIE WILKINS、南アフリカ撮影学会名誉巨匠(Hon. MPSSA)、 南アフ...

> Read more

BARRIE WILKINS、南アフリカ撮影学会名誉巨匠(Hon. MPSSA)、 南アフリカ撮影学会研究員(FPSSA (Dux))、イギリスロイヤル撮影学会高級会士(Hon. FRPS)、米国撮影学会名誉会員(Hon. PSA)、米国撮影学会会士(FPSA)、国際写真芸術連合会の優秀サービス者(ESFIAP)と国際写真芸術連合会の優秀な写真家(EFIAP)です。撮影の面に高度なプロな技術スキルを有し、撮影事業のために巨大な貢献をなされ、高い国際的知名度を有します。Barrieは元の南アフリカ撮影学会(PSSA)の会長を務め、PSSA名誉・奨励委員会主席、イギリスロイヤル撮影学会(RPS)と米国の撮影学会(PSA)の PSSA 海外代表を務めています。

彼は、イギリスの年度野外動物カメラマン大賞、米国の Windland Smith Rice 国際大賞と南アフリカ AGFA 大賞を含め、国内と国際の多数の有名な撮影コンテストで受賞しました。

Barrieは国内外で大人気な講演者と司会者で、一部の重要な講演には、イギリスロンドン自然歴史博物館での講演、南アフリカクルーガー国立公園第 1 回国際野生動物大会での講演、米国のウエストイエローストーンにある米国撮影学会第 75 回年会での講演等が含まれています。

名誉や大賞分会の主席として、Barrie は、有名なAGFAと富士大賞を含め、南アフリカ撮影学会の二年に一度の名誉賞審査を調整し、評定することがあります。

Barrie の作品は、世界の多数な地域で出版、展示されています。彼は成功した撮影企業である J&B カメラマンの提携パートナーで、且つJill Sneesbyと一緒に野生動物撮影書籍である「カラハリサファリー」を出版しました。 J&B カメラマンとして、Barrie と Jillは写真芸術により、世の中の人間の自然世界への理解を手伝っています。

 

Caroline Metcalfe

イギリス

1997 年度に「コンデナスト・トラベラー」が創刊されてから、Caroline Metcalfeはず...

> Read more

1997 年度に「コンデナスト・トラベラー」が創刊されてから、Caroline Metcalfeはずっと同誌に勤務していました。この前に、彼女は「オブザーバー」、「独立報」、「フィナンシャル·タイムズ」等の新聞社に勤めていました。「コンデナスト・トラベラー」が創刊されてからの 15 年間において、この雑誌は幅広い好評を博しており、その独自な写真をもって無数の賞を受賞しました。これらの撮影作品にには、ライフスタイル、グルメ、人物肖像、室内風景及び素晴らしい場所や景観が網羅されています。Caroline は、レオバーネット、オグルビー、JWTの多数のコマーシャルイベントに参与し、Pentagramデザイン、ヴィンス·フロストデザイン等の設計グループの特别プロジェクトにも参与しています。彼女は、世界新聞写真展専門家クラスのメンバーで、若者カメラマンを評価し、カメラマンを推薦してイベントに参加する若者カメラマン連盟のメンバーの一人です。

Carolineは今までずっと世界で最も優れたカメラマンと提携し、そのキャリア生涯の大部分の時間は、業界の新人の抜擢に費やしていました。

「Mohammed Bin Rashid Al Maktoum 国際写真賞賞の趣旨声明は、私に深い印象を与えています。これに参与し、この世界で最も注目される撮影コンテストの発展を推進することを期待期待しています。私は、有名人専門家の作品を審査する同時に、刻一刻も新人に留意しています。私から見ると、偉い撮影技術は、最もチャレンジ的、創造的学科です。この芸術は、撮影上の決まり文句を解消すると共に、真新しい視点から世界をアピールし、現しています。私は、尽きることの無い創造力は、この芸術を励まし、推進するものと確信しており、このような創造力は、私たちの身近にあり、人々の随時な掘り出しを待っています。」

 

Jill Sneesby

南アフリカ

JILL SNEESBY B.A.、名誉文学士、南アフリカ撮影学会名誉巨匠(Hon.MPSSA)、南アフリカ...

> Read more

JILL SNEESBY B.A.、名誉文学士、南アフリカ撮影学会名誉巨匠(Hon.MPSSA)、南アフリカ撮影学会巨匠(MPSSA)、南アフリカ撮影学会研究員(FPSSA (Dux))、国際写真芸術連合会優秀サービス者(ESFIAP)及び国際写真芸術連合会優秀写真家(EFIAP)で、成功した J&B カメラマンのパートナーです。同機構の本部は、南アフリカのエリザベス港に位置し、自然風景や撮影の世界において、その情熱とスキルをもって世界的知名度を有します。

現在では、Jillは南アフリカ撮影学会(PSSA)の第一回の副会長です。その前に会長を担当し、この重要なポストを担当した始めての女性です。彼女は、名誉・奨励委員会のメンバーで、 CPA の PSSA 海外代表で、国際写真芸術連合会(FIAP)の連絡官です。

審査員や教育者として、彼女は非常に人気が有ります。彼女が会長を担当していた期間内において、Jillは多地域の審査員を担当していました。オーストリア(2010 年の Al Thani 撮影賞)、中国(第 6 回中国国際新聞写真賞と第 13 回国際写真芸術展)、インドの(FIAP 第 15 回自然風景隔年展)。彼女はまた複数の講演を行いました:イギリスロンドン自然歴史博物館、南アフリカクルーガー国立公園の第1回国際野生動物大会、米国のウエストイエローストーンで開催される米国撮影学会第75回年会、バンガロール第15回FIAP自然風景隔年展及び麗水で開催された中国第13回国際写真芸術展。

Jillはその作品をもって多数の賞を受賞しました。彼女の下記のイベントの受賞者です:イギリス年度野生動物カメラマン大賞、米国ウィンドランド・ スミス・ライス国際賞、AGFA 賞、南アフリカ富士ゲッタウェイ-大賞(Fuji Getaway Awards)、且つトヨタ社ランドクルーザーで設置されたアフリカ撮影大賞の初の受賞者です。

 

Riccardo Busi

イタリア

Riccardo Busi は 1958 年にフィレンツェ(イタリア)に生まれ、政治科学博士、外交業界や国際組織の専門家です。...

> Read more

Riccardo Busi は 1958 年にフィレンツェ(イタリア)に生まれ、政治科学博士、外交業界や国際組織の専門家です。

2002 年以来、彼はずっと国際写真芸術連合会(FIAP)の事務総長を担当しています。

旅行や自然風景のカメラマンとして、現在では彼は、撮影コースやワークショップのコーディネーターや講師を担当し、且つローマ「パンダフォト」撮影機構のコラボレーターです。

彼は、積極的に展示やコンテストに参与しています。1980 年から今日まで、330回以上の個人や集団展示・投影イベントに参与しました。彼は、計 1000回以上の国際大賞に参加し、200以上の大賞を受賞しました。その中の 5回は FIAP 自然風景世界チャンピオン賞、1999年、フィンランド(CLP)、2001年、南アフリカ(CLP)、2003 年、オーストラリア(CLP)、2006年、クロアチア(CLPとPI)です。1回FIAP 投影世界チャンピオン(FIAP World Champion in Projected Images、2011年、ベルギー)及び 3 回 FIAP 投影世界カップ金賞(1999 年、フィンランド。2002 年、ベルギー。2009 年、インドネシア)。2007 年、彼は、第二回 FIAP クラブ世界カップを受賞し、2011年、彼は、シンガポールで60周年を迎える FIAP「世界児童」カップを受賞しました。

1982 年以来、彼は、200 回以上の国内や国際大賞で審査員を担当し、 22カ国で国際審査員団メンバーを担当しています。

優れた実績をもって、彼は多数の名誉を手にしました:FIAP 巨匠(MFIAP)、中国済南の山東大学芸術とデザイン客員教授、中国麗水撮影協会高級芸術相談役、サウジアラビアカメラマン学会名誉会員、バングラデシュカメラマン学会名誉会員等。

 

Romain Nero

ルクセンブルク

Romain Neroは1967 年 8 月 13 日にルクセンブルク南部に生まれました。高校卒業後に、彼は財政部で勤務し、...

> Read more

Romain Neroは1967 年 8 月 13 日にルクセンブルク南部に生まれました。高校卒業後に、彼は財政部で勤務し、引き続き国家会計学校で四年間の勉強を続けました。学位を取得した後に、彼は、国家給水会社 SES 会計事務部主管という彼の人生における初めての職務を得ました。三年間において、彼は大量な公共会計経験を蓄積し、管理・財務部の CEOとして抜擢されました。

90年代の初頭、Romain Neroは撮影業務をスタートしました。彼の最初の新聞取材コレクションは、各大陸の旅行紀行から来ています。彼は 1998 年に現地撮影協会に参加し、これで彼はスタジオ撮影のノウハウを身に付け、国際サロンへの参加の道の開拓に成功しました。その後に、彼はベルギー、ドイツ、フランス、オランダ、ルーマニア、スロバキアと年一回のルクセンブルク個人展や集団展に参加しました。彼の「ルクセンブルク国家コレクション」は、 69枚のルクセンブルク関連シリーズ写真が収蔵し、その中の10枚は、2007 年から今日まで世界各地で展示されています。

2003 年に、彼は国家撮影連合会に参加し、連合会の事務総長として当選しました。2007 年に、彼には FIAP連絡官という職務が新規追加しました。

Romain Nero は、ルクセンブルク国内と国際サロン審査員プールの合格なメンバーです。

2010 年に、FIAP 取締役会の指示により、彼は国際写真芸術連合会優秀サービス者(ESFIAP)賞を受賞しました。2011 年に、彼は国際写真芸術連合会優秀写真家(EFIAP)銅メタルを手にしました。

上記の国内や国際サロンで受賞した多数の賞のほかに、Romain Neroはまた 2010 年と 2011 年度のルクセンブルク国家選手権大会の優勝者です。

 

Tom Ang

国家

Tom はデジタル撮影分野のリーデイグ的存在で、カメラマン、作家、教育家、テレビキャスターと旅人です。彼は...

> Read more

Tom はデジタル撮影分野のリーデイグ的存在で、カメラマン、作家、教育家、テレビキャスターと旅人です。彼は、「マルコ·ポーロの旅」(この本はヨーロッパから中国への現代的シルクロードを開拓)に対する撮影作品は、トーマスクックのベストな挿絵旅行紀行賞を受賞しました。10年以来、彼は中央アジア(旧ソ連)の研究に専念し、多数のアカデミプロジェクトや撮影イベントを担当しました。彼は、撮影業界において幅広い業務に従事し、雑誌編集、写真編集、技術記者、相談役を担当し、重要な国際写真賞の審査員を担当しています。彼は、世界撮影学会の創設メンバーの一人で、ソニー世界撮影賞の学生センターカテゴリーを創設しました。ウェストミンスター大学にいる12年の期間内において、彼は、撮影や新聞報道修士コースと言う側面において、シニア講師とコース責任者を担当しています。彼は、23冊の撮影関連書籍を出版し、その中の「デジタルカメラマンパンフレット」はベストセラーで、既に50万冊以上に出版され、20カ国語に翻訳され、「デジタル撮影マスタークラス」も素晴らしい実績を残しています。彼は、デジタル撮影に関する 6 集の BBC シリーズ番組の司会者を担当し、シンガポールのアジア新聞局のために、受賞歴のある8集撮影シリーズ番組を担当しています。

 

Willy Borgfeldt

国家

現在では、Willy Borgfeldtはドイツ写真家協会の主席(DVF)(www.dvf-fotografie.de)を担当しています。...

> Read more

現在では、Willy Borgfeldtはドイツ写真家協会の主席(DVF)(www.dvf-fotografie.de)を担当しています。ドイツ写真家協会は、統括組織で、 5500 名のドイツ撮影クラブ会員を擁しています。この組織は、国内や国際写真展、撮影ワークショップ、撮影クラブ、撮影やアマチュア撮影コンテストのフォーラムになっています。彼も既にドイツアマチュア撮影や国際イベントの代名詞となっています。彼もまたドイツの駐FIAP大使です。FIAPは、芸術撮影や世界コンテスト、展示関連の国家協会における国際保護組織です。彼は既に5年もこの協会の主席を担当しています。

人物や旅行撮影は、特に作品の主体となっており、数年以来、米国、アフリカとヴェネツィアは、彼がフォーカスする焦点です。

彼は、複数の個人展や大賞を主催し、2007 年に、レーバークーゼンの「ヨーロッパ芸術家発現」展示において、大賞である芸術家賞を受賞しました。

 

Joe P. Smith

マルタ
芸術管理(ペルージャ大学)

Joe は、良好な芸術背景を擁し、1979 年以来、ずっと撮影事業に取り組んでいます。...

> Read more

Joe は、良好な芸術背景を擁し、1979 年以来、ずっと撮影事業に取り組んでいます。彼はマルタ撮影学会のメンバーで、1995 年に、彼は同学会の年度ベストなカメラマンという称号が授与されました。彼は、またマルタキャリアカメラマン協会の会員、複数のイギリス組織の会員、披露宴肖像カメラマン協会(SWPP)の専門家カメラマン等です。

特に実演芸術を描く上で、彼は白黒撮影を好みます。彼の名前は、既にマルタジャズ音楽祭で実演しているジャズミュージシャン写真の代名詞となっています。 1991 年第一回ジャズ音楽祭が開始されて以来、彼はずっとオフィシャルカメラマンを担当しています。この音楽祭で実演したことのある有名なミュージシャンのホームページで、彼が撮影したジャズ音楽写真が載せられています。環境人物像や社会ドキュメンタリも Joeが得意な二大分野です。

2008 年に、クロスカルチャー対話年間において、我がストリート文化をテーマーにしたEU域内の写真賞において、彼は全額賞金を受賞し、彼に関する記事がヘッドラインに載せられています。

2009 年に、Joeは彼の一冊目の本である「生存者」を出版しました。この本は、社会ドキュメンタリ作品で、主に中世紀のマルタのある町の高齢化問題が取り上げられています。

Joeは幅広い海内外の背景を有し、多数の国や国際賞の受賞者です。過去の 5 年間において、彼は、年会期間内やダブリンにおいて SWPP マスタークラスを開催しました。

 

Martin Charles

イギリス

Martinは撮影事業に従事している年数は 32 年を越えており、工業、ビジネス、...

> Read more

Martinは撮影事業に従事している年数は 32 年を越えており、工業、ビジネス、自動車、コマーシャル、ファッション、社説、ウエディングドレス撮影・肖像等を含む、多数なプロな撮影分野に跨っています。その全体的なキャリア生涯期間において、彼は積極的に、各種の主要カテゴリーをカバーしているカメラマンの世界各地の研修業務に参与しています。

近年来、Martin はずっとイギリス、アイルランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス、マルタ、キプロス、ギリシャ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、カナダ、エミレーツ(ドバイ)、アブダビ、アマン、エジプト、ヨルダン、当然ながら米国のカメラマン研修業務に励んでいます。この国々において、高能率で力強く、素晴らしい実績を収めた講師として、彼は人気が有ります。現在では、彼は特にPPA付属学校から絶えず招聘を受けています。

Martinは尊敬される講師と審査員として、多数のキャリア機構や世界主要代行機構からの招聘を受けています。 2009 年以来、Martinは、 CBRE カメラマン年度大賞の審査員主席を担当しています。2011年のピーク時に、このコンテストは、ヨーロッパ、中東、アフリカ及び近東地域の 1 万名以上の応募者を受け付けています。2012 年に、このコンテストの優れた成功により、世界各地の応募者を誘致しています。(ハイパーリンク:http://www.cbrephotographer.com

Martin は、多数の国で資格やコンテストシステムを開発し、最新の合弁企業は多科目を有するプロなカメラマン向けのデンマークDFF 組織です。この組織には多数なカテゴリーの有するプロなカメラマンの代行機構があります。(ハイパーリンク:http://dff-photo.dk/)彼の教育と研修イベントは非常に大きな成功を収めています。2012 年に、このシステムをノルウェー、スウェーデン、フィンランド、グリーンランド、アイスランド等の国へ展開することで動いています。

撮影教育者や審査員として、Martinは間違いなく世界的に有名な存在です。よって、彼は講師として世界各界の大きな歓迎を受けています。2012 年に、彼の教育イベントはDSLR によるスティルスや映像の製作を含む、数多くの科目までカバーしています。

Share on Facebook