取締役会

Abdulrahman bin Mohammed Al Owaisは、シャルジャ首長国の文化や文学に趣味のある有名な家族に生まれました。彼は 1989 年にアル・アインに位置しているエミレーツ大学(UEAU)から卒業し、会計や情報システム学士学位を取得しました。

在学中に、Owaisは撮影、現代的アラブ書道やアラブ造型芸術に夢中していました。彼は文学、芸術、文化、メデイア分野で多数の職務を担当し、最も重要なのは、彼が 2006 年からずっと文化、若者、コミュニテイ発展部長を担当しています。彼はまた下記の職務を担当しています:1992 年から今日に至るまで、Sultan Bin Ali Al Owais 文化基金会の取締役会メンバーを担当し、今では若者とスポーツ福利総局の主席を担当しています。

芸術や文化作業に従事する以外に、彼は、金融や銀行セクターで幾つかの責任者職位を担当しています:

現在ではシャルジャ商工会議所メンバーを担当しています。
1994 年から今日まで、シャルジャイスラム銀行取締役会メンバーを担当。

2001から2006 年まで:Owais 様は、アラブ首長国連邦メデイア有限会社取締役会メンバーを担当

2004から 2006 年まで:不動産銀行取締役会メンバーを担当。

Saeed Mohamed Al Nabouda は、ドバイ文化や芸術局(ドバイ文化局)の代行総幹事( 2010 年から)とプロジェクトディレクター(自2008 年)です。この職位において、彼の総職責は、ドバイ文化局や芸術局の行政事務やドバイ発展プロジェクトを管理し、ドバイを活気に満ちた文化・芸術センターの作りこみを目指しています。彼は、ドバイ芸術や文化発展・付加価値等の多種類のプロジェクトを促進するための多数の業務を管理しています。

Al Nabouda は、臨機応変型企業責任者と戦略思想家で、ドバイショッピングフェスティバル(DSS)の財務部門を管理し、その後のドバイ夏場カーニバル(DSF)の財務事務を管理することにより、彼は自分の事業を創出しました。
2000 年 9 月に、彼はマーケテイング部門に移動し、この持ち場において、彼は優れた創造力や業務総合力を生かしました。2001 年に、彼はCMOと任命されました。この職位において、彼の職責には DSFやDSSブランドを管理し、特に製品の組み合わせの設計、戦略の広報や連盟の確立に注力することが含まれています。

その優れた能力や成果が幅広く認められた後に、2002年に、Al Naboudaは、ドバイショッピングフェスティバルとドバイ夏場カーニバルのCEO兼組織委員会主席と任命されました。事実では、彼のビジョンと戦略が、この二つのイベントを新たな分野や高さまで推進することができたことが証明されています。彼のリードのもとで、この二つのイベントは、ドバイ旅游業の発展を促進し、世界的魅力のある世界級フェスティバルまで推進できています。これにより、文化、芸術、文明遺産、スポーツ等を含む多数の重大なイベントを推進できています、。

Saeed Al Nabouda は 1975 年にドバイに生まれ、結婚後に 3人の子供が生まれました。彼は、皇太子伝統スポーツ選手権大会及びドバイメデイア委員会の委員のような政府の多数の委員会の委員です。現在では、彼は、ドバイ市社会発展委員会取締役会のメンバーを担当しています。

Ali Khalifa Bin Thalith Al Humairi はドバイに生まれ、ドキュメンタリー関係のプロなカメラマンです。彼はドキュメンタリー撮影卒業証書(ロンドンザ アカデミー)とフランス語及び文学学位(フランス南部に位置しているモンペリエ大学)を取得しています。彼のキャリアの旅は 1995 年に始まり、その後に彼は無数の国際展示会やプロな研修に参加しました。

ハイデルベルク - ドイツ、プーケット島 - タイ、シパダン - マレーシア、バルセロナ - スペイン、及びアラブ首長国連邦の重大な出来事のように、彼は多数の世界的重大な出来事を報道しました。2010 年に、彼は、ベストなマーケテイングとプロモーションプロジェクトである「Mohammad Bin Rashid Award若者ビジネスリーダー」賞を受賞しました。

Bin Thalith は、「グリーンマウンテンへの旅」、四集の映画であるアマン「マシラー島」、アマン「Alyasatと Alhalaniyat 島」、マレーシアの生態系多様性で有名になる「シパダン島」を含め、大量なドキュメンタリーや映画を製作しました。Sheikh Hamdan Bin Mohammed Bin Rashid Al Maktoumプリンスの指示の元で、彼は、自分のユニークな才能をもって「ガザダイバー」と題する独自なショートドキュメンタリーを製作し、一人の可哀相な若者が長い旅でドバイで治療を受ける物語を語っています。

Majed Abdurrahman Al Bastakiはドバイの大人気を持つ詩人です。彼は、イスラム研究やアラブ語高級卒業証書を持っています。Al Bastakiは多数の職位を担当し、その中にドバイ Sheikh Hamdan Bin Mohammed Bin Rashid Al Maktoum王子殿下にサービスする情報主管やメデイア相談役等の職務が含まれています。

彼は、伝統詩に対する熱い興味やパッションがあるため、「ドバイ伝統詩フォーラム高級委員会」と「創意創作 Sheikh Hamdan Bin Mohammed Bin Rashid Al Maktoum イノベーション主席」の選ばれた者と目されています。

Al Bastaki はエミレーツの文学界や芸術界において人望のあり、且つ下記の組織と機構のメンバーを担当しています。
エミレーツ記者協会

Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum 殿下出版委員会
Majed Al Bastaki 建築協会

Matar Bin Lahejは造型芸術、彫刻、撮影に従事するプロな芸術家です。彼は、数回ドバイ、アブダビ、クウェート、ドイツベルリン、イスタンブール、モロッコ等の地域で開催される国際展示会に参加しています。彼は「マタール造型芸術アトリエ」(Matar Atelier for Plastic Arts)の主管で、このアトリエは彼で設置し、アイデアのある人に向けています。彼のミッションは、芸術人材の能力を掘り出し、受け入れ、育成、向上させることに有り、且つ、人々に自然をより尊重し、理解し、恋しい思いをもってもらい、人々の芸術価値や創意作品への鑑賞力を高めます。

Bin Lahejはまたネットで Bin LahejグループやRoots グループを設置し、芸術を交流しています。彼は建築遺産学会(Architectural Heritage Society)のメンバーです。1996 年以来、彼は数十回の展示会に参加し、且つ多数の国際と現地の受賞証書を取得しています。 1999 年以来、彼は、マタール年度展示(1999年-2010 年)や2009 年のドイツ Ayyam Gallery ギャラリーで開催されるサブ展示会のような多数の展示会を手配しました。。

Henry Dallalは情熱的なカメラマンで、イランに生まれ、 1994 年からイギリスに移住してから、ずっとここで暮らしています。

山々や景観のほかに、馬の世界は、彼の豊かな想像力を引き出しています。「馬上の戦士:インドの第 61位の騎兵」は、彼が自費で出版した二冊目の本です。この本は、米国の独立図書出版社賞(IBPA)2009 年度のベストなコーヒーテーブル図書銅賞を受賞しています。

彼の図書作品には「Pageantry and Performance」、「馬上の戦士:インドの第 61位の騎兵」、「王立カナダ騎馬警察」、「王様の兵隊」、「Royal Horse Artillery」、「The Royal Cavalry of Oman」、「カタール、砂、海と空」及び「世界の馬文化」が含まれており、これらの全ての作品には、馬や自然への彼の本当の熱意が込められています。

彼の非デジタル写真作品は、ブレナム宮殿、ケンジントン宮殿、フロリダ州ナポリ芸術博物館、イギリス王立地理学協会、スミソニアン協会、ウィンザー城及びレキシントン国際馬博物館で展示されています。

Henry は自分のことを夢想家と喩え、何時でも新たな冒険を手探りしています。

 

Share on Facebook